最新情報

最新情報NEWS & TOPICS

X-Analysisと他のツールとの違い⑪:DCR X-Analysis News<030>

株式会社第一コンピュータリソース                2018.9.5
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    DCR X-Analysis メールマガジン NO <030>
    第30回  X-Analysisと他のツールとの違い⑪ 不要リソース分析
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
          ◆◇◆ DCR X-Analysis News ◆◇◆
いつもDCR X-Analysis NEWSをご愛読いただき、誠にありがとうございます。

本年4月より、「X-Analysisと他のツールとの違い」というタイトルで
新シリーズをスタートさせていただきましたが、今回はその11回目と
して不要リソース分析機能の違いを述べさせていただきます。

■今回のテーマ 不要リソース分析の違い
 今回テーマとしている不要リソース分析は、リソースの冗長箇所や不使用
 箇所を特定する分析を指します。
 例えば、同じ設定内容でオブジェクト名が違うものなど無駄なリソースを
 検出することを指します。

 X-Analysisでは、リソースを様々なDB仕様の観点から解析しリポジトリ化
 を行っています。

 今回も、X-Analysisと製品カタログベースでは一見似ていると思われる
 ツールを大きく2つのグループに分類して、それらとX-Analysisの違いを
 述べさせていただきます。

 グループ①プログラム言語解析系
 (ソースコードのみの解析):
      メインフレームの言語解析を行ってきたノウハウを生かし、
      IBM i のRPG、COBOL、CLPの解析を行っていますが、ソース解析
      なので無駄なオブジェクトを検出することができません。
      また、ソース内の無駄な箇所を抽出する機能も実装されていません。

 グループ②コマンド実行結果可視化系
 (オブジェクトカタログ情報のみの2次加工):
      IBM iのコマンドを実行することで得られる情報をチャートなどで
      可視化します。その性質上、冗長化、不使用箇所の評価を行うような
      機能はありません。 

■X-Analysisの上記との違い
 他のツールは上記のような単純な機能しかもっていない、もしくは機能自体が
 ありませんが、X-Analysisは分析対象、分析レベルにおいて圧倒的な以下に
 挙げる機能を保有します。
 これらの機能はDSPOBJDコマンドによる最終稼働日や稼働回数による非稼働
 判断といった単純な判断より深く突っ込んだ分析結果を得ることができます。

 ①プログラムから使用されていない論理ファイルの検出
  プログラムに関連する論理ファイルオブジェクトの抽出処理を行い、
  抽出できなかったものをリスト化します。

 ②冗長化した論理ファイルの検出
  論理ファイルオブジェクトを評価し、同じ設定内容のオブジェクトを
  抽出します。

 ③使用されていないプログラム内部サブルーチンの検出
  プログラムソースメンバーを評価し、呼び出し関係が切断されている 
  内部サブルーチンを抽出します。

 ④使用されていないコピー句の検出
  プログラムソースメンバーを評価し、呼び出し関係が切断されている
  コピー句を抽出します。

 ⑤複雑度分析による冗長ルーチンの抽出
  28号でお送りした複雑度分析のルーチン毎の値を用いることで、ソース
  メンバーを横断して冗長化したルーチンを抽出することができます。

■今回のテーマにおけるX-Analysisの導入メリット
 ①リソースのスリム化、単純化への貢献
  本解析結果を用いてリソース改善を行うことで、スリム化、単純化が実現
  し、メンテナンス効率や将来のオープン化において効果を発揮します。

 ②冗長化によるリソース肥大化の防止
  新たなリソース(プログラム、論理ファイルなど)を作成するにあたり、
  同じようなものがないかどうかX-Analysisの機能で事前検索することが
  できるため、肥大化の防止につながります。

■次回予告
 次回(2018/09/19号)は、
『X-Analysisと他のツールとの違い⑫QUERY分析』をお送りいたします。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
知っていますか? X-Analysis製品価格は160万円~840万円になりました。
詳しくはこちらまでお問い合わせください
http://www.dcr.co.jp/X-Analysis/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

PAGE TOP
システムソリューション
プロダクトソリューション
グローバルソリューション
企業情報
採用情報