FRESCHE View/Advisor Powered by X-Analysis

機能詳細一覧FEATURE DETAILS LIST

X-Analysisの製品モジュールによる提供機能

 X-Analysis Professionalで提供される機能(必須:基本モジュール)

利用シーン(用途) 英文機能名 和文機能名 機能概要
・JOBフローの変更対象となるメインプログラムを検索し、各チャートを一覧から起動して関連するプログラム、ファイルを特定する。
・オブジェクトの利用日を確認し、最新のプログラムであるか確認を行う。
Object List オブジェクト一覧 オブジェクトを一覧表示します。
・改修対象のソースメンバーを検索する。 Member List メンバーリスト ソースメンバーを一覧表示します。
・改修対象のソースコードを閲覧する。 View Source ソース ソースコードを表示します。
・RPGの開発経験のないプログラマがマイグレーションを目的にRPGソースの解析を行う。
・マイグレーションを目的にオフショアの開発会社向けのプログラム詳細設計書を出力する。
Pseudo Code 擬似コード 擬似コードを表示します。
・長年、多くの担当者が改訂を加え続けてブラックボックスとなったプログラムの仕様を確認する。
・多くの仕様変更を経て、新規開発したプログラムの正確な最終仕様書を作成する。
Flow Chart フローチャート フローチャートを出力します。
・特定のプログラムの改修に伴う関連する他のプログラム、ファイルを確認する。
・システムの設計書が残っていないため、システム全体におけるオブジェクトの関連性を最新の状態でドキュメント化する。
・物理ファイルに対して既存のものと重複する論理ファイルを作らないように確認する。
Data Flow Diagram データフローダイアグラム オブジェクト間の関連性を表示します。
・システムの改変に伴い、バッチのメインプログラムから末端までの外部サブルーチンとファイルの呼び出しの関係性を調査し、全体のプログラム構成と矛盾の無い適切で重複の無いプログラムを作成する。
・システムの設計書が残っていないため、システム全体におけるバッチプログラムの呼び出し関連性を最新の状態でドキュメント化する。
Structure Chart ストラクチャチャート プログラムの呼び出し関係を表示します。
・システムの改変に伴い、画面プログラムのメニューから末端の画面プログラムまでの呼び出しの関係性を調査し、全体のメニュー構成と矛盾の無い適切で重複の無い画面プログラムを作成する。
・システムの設計書が残っていないため、システム全体における画面プログラムの呼び出し関連性を最新の状態でドキュメント化する。
Hierarchial Structure Chart 階層型チャート プログラムの呼び出し関係を階層的に表示します。
・システムの改変に伴い、プログラム中のメインルーチンから末端までのサブルーチンの呼び出しの関係性を調査する。
・システムの設計書が残っていないため、プログラム構造を最新の状態でドキュメント化する。
Program Structure Chart プログラムストラクチャチャート プログラムのサブルーチンの構造を表示します。
プログラムの呼び出し元を辿って表示します。 Inverted Structure Chart インバートストラクチャチャート プログラムの呼び出し元を辿って表示します。
オブジェクトを参照しているオブジェクトを一覧表示します。 Object Where Used オブジェクト影響範囲 オブジェクトを参照しているオブジェクトを一覧表示します。
ソースの変数の参照箇所を一覧表示します。 Variable Where Used 変数影響範囲 ソースの変数の参照箇所を一覧表示します。
ソースの変数の参照箇所をメンバー内に限定し一覧表示します。 Member X-Ref メンバークロス参照 ソースの変数の参照箇所をメンバー内に限定し一覧表示します。
各サブルーチンの対象変数の扱い方に関する情報を表示します。 Enhanced Member X-Ref 拡張メンバークロス参照 各サブルーチンの対象変数の扱い方に関する情報を表示します。
ファイル内のフィールドを一覧表示します。 File/Field Details ファイル/フィールド詳細 ファイル内のフィールドを一覧表示します。
アクセス・パスの一覧を表示します。 LF/Access Path アクセス・パス アクセス・パスの一覧を表示します。
アクセス・パスを表示します。 Access Path Diagram アクセス・パス・ダイアグラム アクセス・パスを表示します。
画面または帳票のレイアウトを表示します。 Screen/Report Design 画面/帳票デザイン 画面または帳票のレイアウトを表示します。
画面のフローを表示します。 Screen Flow Diagram 画面フローダイアグラム 画面のフローを表示します。
オブジェクトに注釈を追加します。 Annotate アノテーション オブジェクトに注釈を追加します。
アプリケーション・エリアを作成します。 New Application Area 新規アプリケーション・エリア アプリケーション・エリアを作成します。
アプリケーション・エリアを除去します。 Remove Application Area アプリケーション・エリアの除去 アプリケーション・エリアを除去します。
アプリケーション・エリアにオブジェクトを追加します。 Add to Application Area アプリケーション・エリアに追加 アプリケーション・エリアにオブジェクトを追加します。
アプリケーション・エリアからオブジェクトを除去します。 Omit from Application Area アプリケーション・エリアから除去 アプリケーション・エリアからオブジェクトを除去します。
アプリケーション・エリアに含めるオブジェクトのルールを定義します。 Application Area Rules アプリケーション・エリアルール アプリケーション・エリアに含めるオブジェクトのルールを定義します。
アプリケーション・エリア間の関連性を表示します。 Application Area Diagram アプリケーション・エリアダイアグラム アプリケーション・エリア間の関連性を表示します。
アプリケーション・エリアのオブジェクト間の関連性を表示します。 Aria Flow Diagram エリアフローダイアグラム アプリケーション・エリアのオブジェクト間の関連性を表示します。
CRUD情報を出力します。 Export CRUD Spreadsheet CRUDスプレッドシート CRUD情報を出力します。
データモデルダイアグラムを表示します。 Data Model Diagram データモデルダイアグラム データモデルダイアグラムを表示します。
ファイル間のリレーションを表示します。 DMD Details リレーション詳細 ファイル間のリレーションを表示します。
物理ファイルのデータを表示します。 View Data データの表示 物理ファイルのデータを表示します。
データベースに関する情報を表示します。 Data Dictionary データ辞書 データベースに関する情報を表示します。
データベースに関する情報を上書きします。 Data Dictionary Overrides データ辞書の上書き データベースに関する情報を上書きします。
2つのソースを比較して表示します。 Source Compare ソースの比較 2つのソースを比較して表示します。
オブジェクトについての詳細情報を表示します。 More Info 詳細情報 オブジェクトについての詳細情報を表示します。
参照ライブラリを最新の状態にします。 Refresh Cross-Reference 参照ライブラリのリフレッシュ 参照ライブラリを最新の状態にします。
データモデルを再構築します。 Rebuild Data Model データモデルの再構築 データモデルを再構築します。
参照ライブラリをリフレッシュした履歴を表示します。 Repository Refresh Log リポジトリのリフレッシュログ 参照ライブラリをリフレッシュした履歴を表示します。
文書化ツールを使用して文書を作成します。 Documenter 文書化 文書化ツールを使用して文書を作成します。

X-Rulesで提供される機能

利用シーン(用途) 英文機能名 和文機能名 機能概要
ビジネス・ルールを表示します。 Business Rules ビジネス・ルール(Rules) ビジネス・ルールを表示します。
ファイル-フィールドに関連するビジネス・ルールを表示します。 Consolidated Rules コンソリデートルール(Rules) ファイル-フィールドに関連するビジネス・ルールを表示します。
ビジネスルールを生成します。 Derive Business Rules ビジネスルールの生成(Rules) ビジネスルールを生成します。
ビジネス・ルール上の変数の使用箇所を表示します。 Rule Variable References ビジネス・ルールの参照検査(Rules) ビジネス・ルール上の変数の使用箇所を表示します。
ビジネス・ルールの使用箇所を表示します。 Matched Rules ビジネス・ルールの合致検査(Rules) ビジネス・ルールの使用箇所を表示します。

X-Auditで提供される機能

利用シーン(用途) 英文機能名 和文機能名 機能概要
プログラムのメトリクス(問題分析評価)情報を表示します。 Summary Metrics メトリクス(Audit) プログラムのメトリクス情報を表示します。
画面のメトリクス(問題分析評価)情報を表示します。 Screen Metrics 画面メトリクス(Audit) 画面のメトリクス情報を表示します。
ファイルのメトリクス(問題分析評価)情報を表示します。 File Metrics ファイルメトリクス(Audit) ファイルのメトリクス情報を表示します。
ファイル間の関連性のメトリクス(問題分析評価)情報を表示します。 Database Sumamry データベースサマリー(Audit) ファイル間の関連性のメトリクス情報を表示します。
独自の分析レポートを作成できます。 Specialized Analysis 特殊分析(Audit) 独自の分析レポートを作成できます。
メトリクスのサマリー(問題分析評価)情報を出力します。 Summary Report サマリーレポート(Audit) メトリクスのサマリー情報を出力します。
オブジェクトがどのアプリケーション・エリアに属しているかを表示します。 Object Allocation オブジェクトアロケーション(Audit) オブジェクトがどのアプリケーション・エリアに属しているかを表示します。
プログラムとソースコードの矛盾点を一覧表示します。 Problem Analysis 問題分析(Audit) プログラムとソースコードの矛盾点を一覧表示します。

X-Datatestで提供される機能

利用シーン(用途) 英文機能名 和文機能名 機能概要
移行データの参照整合性チェック、テストデータ作成前準備実施。 Orphaned Records Report 自動検証結果表示(Datatest) 実データのリレーションシップ検証
各データモデリングの関係性調査・チェック作業。 Testsubset テストデータ作成(Datatest) 既存データのサブセット化
テストプロセスの管理 Comparison fo Result with BR テスト結果比較(Datatest) 新旧のテスト結果比較レポート出力。
PAGE TOP
システムソリューション
プロダクトソリューション
グローバルソリューション
企業情報
採用情報