Verasym System Designer とは

システム開発の設計プロセスを変革するシステムCAD

Verasym Symtem Designer(以降VSSD)は、システム開発プロセスのV字モデルにおける要件定義や外部設計(基本設計)、内部設計(詳細設計)などシステムの設計を行うための専用ツール、システムCADです。VSSDでは、業務フローやデータモデル(ER図)、画面定義書、帳票定義書、テーブル定義書など20種類以上のドキュメントを作成することが可能です。

システム開発の設計プロセスを変革するシステムCAD




直観的なドキュメント作成

VSSDでは、システム設計で広く使用されている20種類におよぶドキュメントそれぞれに専用のインターフェースが用意されており、設計を行うシステムエンジニアの設計作業を強力にサポートします。

> 直観的なドキュメント作成の紹介

直観的なドキュメント作成



項目情報中心の設計

項目の情報をドメインとして定義し、一元管理することで、画面定義書や帳票定義書、テーブル定義書で項目の情報が共有され影響箇所の特定を容易にし、変更の漏れを防ぎます。

> 項目情報中心の設計の紹介

項目情報中心の設計



チームによる設計

VSSDでは、全ての情報をリポジトリDBに保存することで、チームの全員が最新の設計情報を共有し、変更履歴や排他制御、詳細な権限管理が可能となっています。

> チーム設計の紹介

チームによる設計



スパイラル設計

VSSDでは、画面・帳票の設計情報からモックアップを自動生成します。設計を行うシステムエンジニアは、画面定義書からモックアップを自動生成し、会議で検討、仕様変更を設計書に反映、またモックアップを生成という具合にスパイラルに設計を繰り返すことが可能です。

> スパイラル設計の紹介

スパイラル設計



体験版ダウンロードはこちら

PAGE TOP
システムソリューション
プロダクトソリューション
グローバルソリューション
企業情報
採用情報